HOME >  特集: 発表!第6回「日本夜景遺産」新認定地
  • works
  • データベース
  • お仕事・講演依頼
  • 夜景ファンのページ
  • ホテルプラン
特集 Special Feature




発表!第6回「日本夜景遺産」新認定地
この度、日本夜景遺産地の新規認定地が発表されました。今回の認定は6回目。各行政・団体・民間企業の御協力をいただき、多数のご応募と日本夜景遺産事務局で調査発掘した中から厳正、厳密に選定されました。
 今回、新たに追加された遺産地は12箇所。夜景遺産4分類中の「自然夜景遺産」が8箇所、「施設夜景遺産」が4箇所で、2007年7月の選定開始以来、これで夜景遺産地の合計数は133箇所となりました。

 6回目の選定の特徴は、自然夜景遺産と施設型夜景遺産の充実です。特に、自然夜景遺産は8箇所の増加。その中には「道の駅あわじ」や「道の駅はわい」など「道の駅」から初めて選ばれました。
 また、湯煙が情緒的な味わいを醸し出す「大分の湯けむり展望台」など、夜景が単に美しいだけではなく、その地で生活する人々の息づかいが聞こえてくるような遺産地も選ばれています。

 施設型の展望台では、ビルインタイプのオープンエアの展望施設として日本一の高さを誇る六本木の「東京スカイデッキ」と、昔ながらのノスタルジックな「札幌テレビ塔」「通天閣」や、夜間イベントに積極的な「江ノ島展望灯台」等、新旧織り混ぜての選定となりました。

12箇所については、
日本夜景遺産ホームページをご覧ください。

「日本夜景遺産」はこちらをクリック

(2010/08/11)
| 会社案内 | サイトのご利用について | サイトマップ |