HOME >  ニュース: 北九州市門司港レトロ地区で、”日本で最も手間がかかった”イルミネーション。夜景評論家プロデュース『門司港レトロ浪漫灯彩』が開催中!
  • works
  • データベース
  • お仕事・講演依頼
  • 夜景ファンのページ
  • ホテルプラン
ニュース News


北九州市門司港レトロ地区で、”日本で最も手間がかかった”イルミネーション。夜景評論家プロデュース『門司港レトロ浪漫灯彩』が開催中!
本年は、夜景評論家・丸々もとお氏のプロデュースにより、門司港レトロ一帯の樹木や歴史的建造物ライトアップのほか、イルミネーションのアーチを設置するなど、ロマンチックな夜の演出が大胆に生まれ変わりました。
丸々氏曰く、「“徹底的に古き良き”を追求した光演出に、新たなエンタテインメント性のある演出を加え、来場者の記憶に深く残るイルミネーションとして、“時代を遡った懐かしい感覚と、新たな未来への息吹が感じられる演出”を目指します。また、今回は大正浪漫の夜をテーマにしたことで、25万球のLEDひとつひとつに特製のキャップを手作業で取り付けるという、”日本で最も手間のかかったイルミネーション”となっています」とのこと。

☆新たな3つの演出手法☆
新たなエンタテインメント性『レトロ×光×新技術』

□レトロ(RETRO)
明治初期に開港して120年が経つ門司港エリアには、大正浪漫が漂う建物がエキゾチックな雰囲気を醸し出して残っています。その魅力を最大限引き出すために、“レトロを極めた演出”を目指しています。

□光(LIGHTING)
東京ドイツ村等、全国のイルミネーションを手がける丸々もとお監修による光の港空間を創造。光演出のプロが「ここでしか楽しめない」エンタテインメント性溢れる光の港を創出しています。

□新技術(NEW TECHNIQUE)
3Dマッピング等の演出技術が登場しましたが、映像系は短編映画に近いため、長く楽しめず、記憶の深度は浅くなります。そこで、イルミネーション自体に新たな技術を加味し、ハートウォーミングな夜を創出しています。

☆レトロ+ロマン史上初の2大演出☆
(1)レトロを極めるツリーイルミネーション
全国史上初の演出で、エリア一帯がレトロを極めた世界に生まれ変わる!明治から大正期の建造物が残る門司港レトロ。ロマン漂う異国情緒がその特徴を生かし、どこか懐かしさを感じる「レトロ極めた」新演出により、一気に情緒溢れる世界感を創出。誰もが直感的に理解できる「門司港レトロらしさ」の創出はもちろん、話題性とともに、門司港一帯の冬期の賑わいの創出を目指しています。

(2)最新技術で実現からくりフォトスポット
記憶に残り楽しみを増幅する、最新技術を活用したフォトスポット!国際友好記念図書館のエキゾチックな建造物を利用し、確実に美しい写真が撮れる撮影スポットを新たに造成。訪れた人々はフォトジェニックな美しい想い出が残せます。単にイルミネーションの装飾ではなく、「史上初。建造物のライトアップや周囲の樹木と連動した仕掛け」を施しています。

【開催概要】
名称:門司港レトロ浪漫灯彩(ろまんとうさい)
設置期間:2013年11月23日(土・祝)〜2014年2月23日(日)
点灯時間:17:30〜22:00まで(1月1日は午前5時まで)
※2014年1月1日からは18:00〜22:00/2014年2月1日からは18:30〜22:00
場所:門司港レトロ地区一帯

【イベント情報】
点灯式:2013年11月23日(土・祝)18:15〜22:00
※場所:国際友好記念図書館前広場
カウントダウン:2013年12月31日(火)〜2014年1月1日(水)22:30〜0:30
※場所:門司港レトロ中央広場

【イベントに関するお問い合わせ】
門司港レトロ総合インフォメーション
TEL:093-321-4151
(2013/12/04)
| 会社案内 | サイトのご利用について | サイトマップ |