HOME >  WORKS: プロデュース > イベント
プロデュース
└ イベント
六本木ヒルズ、横浜ランドマークタワーといった超高層ビルの展望台、高級ホテルの1フロアを貸しきってなど場所や形態を問わず、様々な夜景イベントをプロデュース。培ったノウハウで夜間集客を高めるお手伝いをします。

イベントの事例ご紹介
NHK文化センター青山主催「羽田・川崎工場夜景クルーズ」
■お客様:NHK文化センター青山  (2013年7月)
全国で人気を誇る工場夜景クルーズ。NHK文化センター横浜で大好評のクルーズを東京本校でも開催。丸々もとおのコース監修とガイドにより実施。羽田桟橋から川崎臨海工業地帯の未知の領域へ航海。
NHK文化センター合同主催「横浜・川崎工場夜景スペシャルクルーズ」
■お客様:NHK文化センター横浜校、町田校、埼玉校、東陽町校  (2013年5月)
未知の工場夜景を今回のための特別コースで船上から探訪。そこには陸からと違う素晴らしい夜景があります。同行解説は日本でただ一人の夜景評論家丸々もとお。コース設計や案内は勿論、心理効果など夜景の文化も解説。夜の工場群のほか、横浜港の夜景、大黒埠頭、京浜運河などをオリジナルのコースで大いに楽しみましょう。大好評のため開催。
丸々もとおプロデュース「超肉食系工場夜景クルーズ」
■お客様:(株)KMCコーポレーション/ぴあ(株)  (2013年4月28日)
商品名は「超肉食系工場夜景クルーズ」〜東京湾で最大インパクトに出合えるウルトラクルーズ〜。東京ガス袖ヶ浦工場、富士石油、住友化学、出光石油化学、極東石油興業など、千葉県内で随一の工場密集地「袖ヶ浦」を巡る、袖ヶ浦工場夜景初のクルージング企画です。東京羽田沖から東京湾を横断する航行のため、新艇「オセアン・ブルー」だからこそ可能になりました。今回はモニターツアーと称して1回のみのクルージングとなります。皆様の御好評を得た折には定期運行を目指します。貴重な機会です。
丸々もとおプロデュース奥日光湯元温泉・雪まつり2013「雪灯里」
■お客様:主催:日光四季祭実行委員会、奧日光湯元温泉雪まつり実行委員会後援:日光市・(社)日光観光協会・日光商工会議所・日光地区観光協会連合会・東日本旅客鉄道大宮支社、東武鉄道株式会社  (2013年2月1日〜28日)
雪灯里会場には、約2000個のミニかまくらが登場。本年も園内に灯された雪のあかりたちが、時間ごとに色彩(紫、青、キャンドルカラー)や、点灯パターンが変化する幻想的な世界へとグレードアップ。さらに、闇雪夜の中、幻想的な「雪蛍(ゆきぼたる)」が舞い踊ります。壮大な「雪の絵本」の中に迷い込んだような光景は、まさに雪のマジック。昨年に引き続き、監修は丸々もとお氏。「雪灯里」は日本夜景遺産に認定されています。
丸々もとおプロデュース奥日光湯元温泉・雪まつり2013「スノーファンタジア」
■お客様:主催:日光四季祭実行委員会、奧日光湯元温泉雪まつり実行委員会 後援:日光市・(社)日光観光協会・日光商工会議所・日光地区観光協会連合会・東日本旅客鉄道大宮支社、東武鉄道株式会社  (2013年1月19日〜)
本年、氷の彫刻会場で開催されるイベントは「スノーファンタジア」に名称を変更。昨年に引き続き、夜景評論家丸々もとお氏のプロデュースにより、さらに趣向を凝らした演出を行います。
福岡タワー・クリスマスイルミネーションイベント〜 『福岡ラブストーリー』
■お客様:福岡タワー(株)  (2012年11月23日〜12月25日)
夜景評論家丸々もとおプロデュース 。福岡タワー株式会社(福岡市早良区)は、11月23日(木)〜12月25日(火)の期間中、クリスマスイルミネーションイベント『福岡ラブストーリー』(恋人・夫婦・家族の「愛」と「絆」と、福岡タワーからの夜景&イルミネーションで創出する物語)を開催。
 本企画は、人々の最も愛が深まるクリスマス時期をメインに、福岡タワー前広場と展望台スペースを対象に、ユニークでビジュアライズされた仕掛けにより、カップルだけでなく、家族や夫婦等、あらゆる人々の絆を高める演出を施したものです。
大阪府咲洲庁舎展望台「 100(ワンハンドレッド)ツリーズ・クリスマス」
■お客様:アクティオ株式会社  (2012年11月17日〜12月25日)
夜景評論家丸々もとおプロデュース。大阪府咲洲庁舎展望台(運営:アクティオ株式会社)では、2012年11月17日(土)〜12月25日(火)まで、「100(ワンハンドレッド)ツリーズ・クリスマス」を開催。
東京ドイツ村・ウインターイルミネーション「みんな笑顔」
■お客様:東京ドイツ村(明和興産株式会社)  (2012年11月〜2013年3月31日)
目に鮮やかに映る光の魅力だけでなく、“心の中まで明るく照らし出す”をイルミネーションの本質と考え、2006年よりスタート。毎年来場者を増やし、五回目を迎えた昨年には43万人の来場者が訪れた。本年は、「希望の笑顔」をテーマに東日本大震災復興チャリティとして実施。マルクトプラッツ周辺の広場や広大な敷地に展開するイルミネーションを巡れば、未来への希望を抱けること間違いなし。首都圏ナンバーワンの実力にはさすが!の一言。見逃せません。
監修:丸々もとお(夜景評論家/夜景プロデューサー)
周南冬のツリーまつり2012
■お客様:徳山商工会議所/周南市/周南市観光協会  (2012年11月〜12月25日)
中国地方初の天空のイルミネーション
「天空のライティングフラワーショー」in 青空公園
今年のツリーまつりは、さらにパワーアップ。「御幸通り」会場に加え、新たに「青空公園」会場が加わりました。ここ「青空公園」では、「天空のライティングフラワーショー」が登場。「夜空に咲く希望という花々〜夢の開花を目指して」をテーマに、音と光が連動した画期的なショーとなります。中国地方初となるサプライズな演出をどうぞお楽しみください!
ぐんまフラワーパーク・ウインターイルミネーション「妖精たちの楽園」
■お客様:ぐんまフラワーリゾート  (2012年11月3日〜12月30日)
群馬県前橋市の「ぐんまフラワーパーク」ではウインターイルミネーション「妖精たちの楽園」を開催。アドバイザーに丸々もとお。
ヤマハリゾートつま恋「サウンドイルミネーション」
■お客様:ヤマハリゾートつま恋  (2012年11月〜2013年2月)
初回となる本年度は、「つま恋サウンドイルミネーション2012〜奏でる音と光のハーモニー」。55万坪を誇る広大な敷地の中、メイン会場に至る南ゲートの導線からイルミネーションを点灯し、「ホテルノースウイング前」エリアをメイン会場に設定。「ヤマハ」の経営理念(感動を・ともに・創る)やその歴史性をバックグランドに、3つのING「光(LIGHTING)×音(SINGING)×癒(HEALING)」のハーモニーで来場者の五感を刺激し、壮大なスケールで記憶に残る斬新な劇場空間を創出します。総合プロデュースには、夜景評論家・夜景プロデューサーである丸々もとお。3カ年後には冬のイベントとして全国有数のイルミネーションを目指します。

〜感動を・ともに・創る3つのING〜
光(LIGHTING)×音(SINGING)×癒し(HEALING)がハーモニー
千葉市主催「工場夜景見学クルーズ」
■お客様:千葉市経済農政局/ケーエムシーコーポレーション  (2012年11月)
大好評につき2回目の開催。千葉市では、現在建設中の旅客船さん橋の有効活用を目指し、海上交通ネットワークに関するニーズを把握させていただくため、工場夜景見学クルーズ(運航実験)を実施。コース監修とガイドに夜景評論家の丸々もとおが参加。今回は新艇「オセアンブルー」を活用し、1回100名乗船。2日で200名を集客。前回の1.5倍となった。
夜景サミット2012 in長崎
■お客様:長崎市/長崎県  (2012年10月5日)
滞在型の観光資源としての「夜景」をどのように活用し、どのような成果を残し、地域活性化へ役立っているのか等、あらゆる情報を担当者レベルで共有し、官民一体・新たな商品開発も含めた地域活性化の実現を目指す「夜景サミット2012 in長崎」を長崎ブリックホールにて開催。第一回、第二回は東京で、第三回は大阪市・大阪府の後援により大阪で、第四回を迎える2012年は、長崎市・長崎県の後援により開催。全国40自治体、民間企業100社、夜景鑑賞士、一般を含めた約300名が一堂に集結。第二部では稲佐山「光のレストラン」で事業者同士の交流会を実施しました。
当サミットでは「世界新三大夜景」「関東三大イルミネーション」を発表。大きな話題となった。
NHK文化センター合同主催「横浜・川崎工場夜景スペシャルクルーズ」
■お客様:NHK文化センター横浜校、町田校、埼玉校、東陽町校  (2012年9月)
未知の工場夜景を今回のための特別コースで船上から探訪。そこには陸からと違う素晴らしい夜景があります。同行解説は日本でただ一人の夜景評論家丸々もとお。コース設計や案内は勿論、心理効果など夜景の文化も解説。夜の工場群のほか、横浜港の夜景、大黒埠頭、京浜運河などをオリジナルのコースで大いに楽しみましょう。大好評のため春に続き開催。
KMCコーポレーション新艇「オセアンブルー」就航記念イベント
■お客様:KMCコーポレーション  (2012年9月)
KMCコーポレーション新艇「オセアンブルー」就航記念イベントを監修。工場夜景を前にジャスライブを開催。
タットム×スパークリングライツ照明内覧会
■お客様:タットム(株)、スパークリングライツ(株)  (2012年8月)
丸々もとおプロデュースによる「タットム×スパークリングライツ照明内覧会」。数々のイベントで照明施工を手がけるタットム(株)とLED照明販売のスパークリングライツ(株)による内覧会。日本の四季をテーマに、日本最高峰のプログラム技術と最新の照明演出を行った。
世界夜景写真展〜心を豊かにする「あかり」のチカラ。
■お客様:アクティオ株式会社/大阪府/水都大阪推進委員会/(社)夜景観光コンベンション・ビューロー  (2012年7月28日〜9月30日)
大阪府咲洲庁舎展望台(運営:アクティオ株式会社)では、大阪府咲洲庁舎52階「アルタビスタ」において、2012年7月28日(土)〜9月30日(日)まで、
夜景評論家丸々もとお氏プロデュースによる「世界夜景写真展」を開催。
NHK文化センター合同主催「横浜・川崎工場夜景スペシャルクルーズ」
■お客様:NHK文化センター横浜校、町田校、埼玉校、東陽町校  (2012年5月)
未知の工場夜景を今回のための特別コースで船上から探訪。そこには陸からと違う素晴らしい夜景があります。同行解説は日本でただ一人の夜景評論家丸々もとお。コース設計や案内は勿論、心理効果など夜景の文化も解説。夜の工場群のほか、横浜港の夜景、大黒埠頭、京浜運河などをオリジナルのコースで大いに楽しみましょう。※2日で完売。大好評のため秋にも開催決定。
千葉市主催「工場夜景見学クルーズ」
■お客様:千葉市経済農政局  (2012年2月3日〜5日)
千葉市では、現在建設中の旅客船さん橋の有効活用を目指し、海上交通ネットワークに関するニーズを把握させていただくため、工場夜景見学クルーズ(運航実験)を実施。コース監修とガイドに夜景評論家の丸々もとおが参加。2月3日〜3日連続で開催され、チケットは発売と同時に3時間で売り切れの大盛況。
「奥日光湯元温泉雪まつり2012」第二弾「雪明里」
■お客様:日光冬祭実行委員会・奥日光湯元温泉雪まつり実行委員会・観光庁・日光自然環境事務所・日光市・日光市総合支所観光課・日光地区観光協会連合会・(社)日光観光協会・日光商工会議所  (2012年2月3日〜2月末)
2011年に新規認定された日本夜景遺産、栃木県・奥日光湯元温泉雪まつり。1月28日(土)からは、「全日本氷彫刻奥日光大会」、2月3日(金)から「雪灯里」が開催されます。本年は夜景評論家・丸々もとおのプロデュースにより、エンタテインメント溢れる雪まつりに生まれ変わりました!
奥日光湯元温泉雪まつり2012
■お客様:日光冬祭実行委員会・奥日光湯元温泉雪まつり実行委員会・観光庁・日光自然環境事務所・日光市・日光市総合支所観光課・日光地区観光協会連合会・(社)日光観光協会・日光商工会議所  (2012年1月28日〜2月末)
2011年に新規認定された日本夜景遺産、栃木県・奥日光湯元温泉雪まつり。1月28日(土)からは、「全日本氷彫刻奥日光大会」、2月3日(金)から「雪灯里」が開催されます。本年は夜景評論家・丸々もとおのプロデュースにより、エンタテインメント溢れる雪まつりに生まれ変わります!
周南冬のツリーまつり2011〜希望の光
■お客様:徳山商工会議所、周南市、周南市観光協会  (2011年12月2日〜25日)
山口県周南市で「周南冬のツリーまつり2011〜希望の光」が開催中!今年はリニューアル元年。演出に要注目です!なんと、工場群も全点灯!
東京ドイツ村・ウインターイルミネーション「希望の笑顔」
■お客様:東京ドイツ村(明和興産株式会社)  (2011年11月12日〜2012年3月4日)
目に鮮やかに映る光の魅力だけでなく、“心の中まで明るく照らし出す”をイルミネーションの本質と考え、2006年よりスタート。毎年来場者を増やし、五回目を迎えた昨年には43万人の来場者が訪れた。本年は、「希望の笑顔」をテーマに東日本大震災復興チャリティとして実施。マルクトプラッツ周辺の広場や広大な敷地に展開するイルミネーションを巡れば、未来への希望を抱けること間違いなし。首都圏ナンバーワンの実力にはさすが!の一言。見逃せません。

期間:2011年11月12日〜2012年3月4日
監修:丸々もとお(夜景評論家/夜景プロデューサー)

※本年は「日本夜景遺産」に認定されました。おめでとうございます。
第三回「日本夜景サミット in 大阪」
■お客様:大阪府/大阪市/水都大阪推進委員会/(財)大阪観光コンベンション協会  (2011年10月24日)
第三回「日本夜景サミット in 大阪」。本年は大阪に場所を移し「水都大阪フェス2011」協力事業の一環として10月24日開催。市長、副市長も参加予定。一般無料!
東京ドイツ村・ウインターイルミネーション
■お客様:明和興産株式会社 東京ドイツ村事業部  (2010/11/13〜2011/2/13)
丸々もとおが3年前よりスーパーバイザーを務める「東京ドイツ村ウインターイルミネーション」(千葉県袖ヶ浦市)。東京・神奈川・千葉のイルミネーションランキングで二年連続NO.1を獲得。
1130 LOVERS PROJECT〜光と闇のオリエンテーリング〜』
■お客様:軽井沢倶楽部 ホテル軽井沢1130  (2010年11月22日〜通年開催)
軽井沢倶楽部 ホテル軽井沢1130は、11月22日(月)・いい夫婦の日より、毎月22日に夫婦・カップル向けの特別イベント・夜景評論家丸々もとおプロデュース『1130 LOVERS PROJRCT〜光と闇のオリエンテーリング』を通年開催。
横浜マリンタワー・日本初メッセージイルミネーション『Message of illumination』
■お客様:横浜マリンタワー(ゼットン、リスト、TK他)  (2010年11月18日〜12月31日)
夜景評論家丸々もとおプロデュースによる、日本初のメッセージイルミネーションが横浜マリンタワーに登場。冬の夜、アナタに魔法がかかります!
観光庁後援 第二回「日本夜景サミット」
■お客様:日本夜景遺産事務局/森ビル/産経新聞社/観光庁ほか  (2010年11月8日)
全国における夜景観光活性化に尽力する行政・民間企業が一堂に会する「日本夜景サミット」が、11月8日(月)、東京・六本木ヒルズ49階・オーディトリアムで開催された。滞在型の観光資源としての“夜景”についてのプレゼンテーションが、150人の来場者を前に繰り広げられた。
ヒミツ♪のスペシャル夜景ツアー in 横浜
■お客様:ホテルニューオータニイン横浜/横浜マリンタワー/KMCコーポレーション/KNT  (2010年11月19日)
年内予約が難しい大人気の「工場夜景クルーズ」と展望台&夕食&ホテル宿泊が一体化した特別企画。クルージングは特別コースを設定。特別演出の横浜マリンタワー展望台と創作ディナー。さらに、「ニューオータニイン横浜」の超お薦めの客室に1泊。全行程、丸々もとおが同行解説。今回限りのスペシャルプライス。
川崎工場夜景バスツアー
■お客様:川崎市経済労働局/川崎市観光協会連合会/JTB首都圏川崎支店  (2010年2月〜3月)
ブームとなっている工場夜景ツアーの仕掛け人・夜景評論家丸々もとお監修による新たな工場夜景の魅力発見ツアー!
Sky Mermaid 最終章ー永遠に続く愛ー
■お客様:(株)三菱地所ビルマネジメント  (2009年12月26日〜2010年3月31日)
横浜ランドマークタワー・スカイガーデンを舞台にした年間夜景イベントの最終章の第四弾。人魚と青年の抑えきれないほど激しく燃える愛情、そして行く手を阻む困難な運命を巨大なイルミネーションの造形で表現。
Sky Mermaid’Christmas
■お客様:(株)三菱地所ビルマネジメント  (2009年11月1日〜12月25日)
夜景のプロが創造する、史上最高峰のクリスマスイベントが横浜ランドマークタワー展望台「スカイガーデン」に登場。究極のクリスマス演出に注目!
業界注目の展望台での新しい鑑賞スタイル。窓の外の景色と室内を一体のものとして、物語を読むように景色を鑑賞できる空間 『立体絵本 スカイマーメイド』の第三弾は、いよいよクライマックス。ずばり!“恋のお話”です。成長した人魚と男の子がクリスマスの夜に再開し、ふたりの恋心がクリスマスの夜に燃え上がります。恋するふたりの心の動きを動的な演出照明で表現し、幻想的で印象的なデコラティブな空間が物語を盛り立てます。物語は前回からの続きですが、第一弾、第二弾の作品を見逃した人でも楽しめるつくりなので安心。夜景イベントの専門集団による、他では見られないクリスマスの特別な空間演出と、ロマンティックなストーリー展開で、心地よい時間をお過ごしください。
観光庁後援「第一回日本夜景サミット」
■お客様:産経新聞社/日本夜景遺産事務局  (2009年10月9日)
「日本夜景サミット」は日本全国において、夜景による観光活性化に尽力する行政、民間企業等が一堂に会する場として初めて開催。観光に従事するあらゆる行政、団体、大学、民間の夜景観光事例によるプレゼーテンションのほか、観光庁、有識者による講演会、交流会等で構成され、全国から約150名が参加。観光産業にとって価値のあるイベントとなった。場所は、六本木ヒルズ・オーディトリアム(第一部)&東京シティビュー(第二部)観光庁後援、森ビル・日本航空協賛・夜景検定プレゼンツ。主催は産経新聞社、日本夜景遺産事務局。
空中すいぞくかん2009
■お客様:(株)三菱地所ビルマネジメント  (2009年7月16日〜8月31日)
横浜ランドマークタワー・スカイガーデンにおける、夜景イベント「スカイマーメード」第二弾。本イベントは同展望台初の通年企画で、小さな人魚が旅をしながら成長する物語がテーマ。今春の第一弾は「小さな人魚の憧憬」として、様々な魚たちに導かれながら、人間の世界が創る美しい明かり「夜景」に出会うイベントを開催。第二弾「空中すいぞくかん2009〜ちいさな人魚の幸せ探しの旅?」と題して、多々の魚と夜景が競演するファンタジーな楽園空間を創出しました。
監修:丸々もとお、阿部トモ 
写真&デザイン:丸田あつし
協力:サンシャイン60国際水族館
スカイマーメイド
■お客様:(株)三菱地所ビルマネジメント  (2009年4月4日〜5月17日)
「ヨコハマ幻想庭園」終了後に開始した夜景イベントです。マーメイドとは「人魚」の意味。「サンシャイン国際水族館」とコラボレーションしてできた企画です。テーマは、深海に住んでいる小さな人魚が人間の世界に憧れて旅をするという設定、魚と夜景が競演する「立体絵本」を目指しました。展望台は4つの空間「深海ゾーン」「憧れゾーン」「旅立ちゾーン」「新世界ゾーン」で構成。歩きながら、窓に映りこむ魚や水の揺らぎ、ストーリーを読むことで物語を体験できるというドラマ性の高いイベントです。水族館とのコラボという新規性が高いうえに作り込みが素晴らしく、来館者様の評価が高かった。
ヨコハマ幻想庭園
■お客様:(株)三菱地所ビルマネジメント  (2008年12月27日〜2009年3月31日)
横浜ランドマークタワー69階の展望フロア「スカイガーデン」にて実施された大型夜景イベント。横浜観光コンベンション・ビューローが推進する横浜の夜間活性化事業「横濱ブリリアントウェイ」の関連イベントでもある。テーマは“日本庭園”。夜景の最適な鑑賞環境として“庭園”に着目。横浜ランドマークタワーを楽天を連想させる須弥山に見立て、天女が憩う優雅で美しい庭を再現。楽園から夜景を望むという、一風変わった趣向で横浜の大パノラマ夜景鑑賞を楽しめる。集客は前年比をさらに更新した。
年末イベント「願いの鈴」
■お客様:(株)三菱地所ビルマネジメント  (2009年1月)
横浜ランドマークタワー・スカイガーデンの年末年始の年越しイベントをプロデュース。悉有仏性(しつうぶっしょう)の鈴を〜鈴を鳴らしながら、道を進むことで、何ものにもとらわれない心、真の自由な心の到来を祈る鈴〜をテーマに展開。地元も含め多くの観光客から好評を得た。
川崎市「ドラマチック工場夜景ツアー」
■お客様:川崎市/川崎市観光協会連合会  (2008年11月)
産業都市として発展してきた川崎市には、国際的にも知名度の高い企業・工場が多数集積し、臨海部を始め、内陸部にも先端的な工場、研究所群を有し、現在稼働している工場に加え、数多くの興味深い産業遺産があります。こうした川崎の産業観光の魅力について、多くの市民の方々に知ってもらうために、川崎産業観光モニターツアーを実施。その第六弾として「ドラマチック工場夜景ツアー」を実施。工場内や工場を望む視点場を選出し、コースを監修。同乗しで解説も担当した。川崎市内在住45名の定員に対し、500名を越える応募が殺到。4時間を越える長時間のツアーながら大好評を博した。現在、商品化へ向けた作業を行っている。
池袋サンシャイン60展望台「世界の街角夜景」
■お客様:(株)サンシャインシティ  (2008年10月4日〜11月16日 )
サンシャイン60展望台の30周年記念企画「ワールド夜景ストーリー」の第二弾。弊社監修イベント「コニカミノルタプラネタリウム“満天”秋番組「輝く星の夜を?スターナイトクルーズ?」の関連イベントとしても展開。世界各国の夜景写真を展示したユニークな夜景イベント。サンシャイン60展望台内のギャラリーをパリ、アジア、ニューヨークの3ゾーンに展開。映画「アメリの部屋」から夜景を眺めているようなパリゾーン、喧噪あるストリートで摩天楼の夜景を眺めているようなNYゾーン、中華街に迷い込んだような空間から夜景を見るアジアゾーン。写真を中心に、照明、音楽、装飾などで演出。街にいるような雰囲気で夜景を楽しめる。
サンシャイン60展望台「日本の夜景ベスト30展」
■お客様:(株)サンシャインシティ  (2008年9月26日〜11月16日)
サンシャイン60展望台の30周年記念企画「ワールド夜景ストーリー」の第一弾として展開。展望台フロアの一部を使用し、30周年にちなんで日本における“美しい”夜景ベスト30を選出。「ジャポニスム」を展示コンセプトとした会場には、和を意識した美しい空間演出を施し、光るボードで選ばれた30点の夜景をより美しく際立たせる工夫で展示展開。後世に残したい美しい日本の夜景を「自然夜景遺産エリア(16箇所)」、「ライトアップ夜景遺産エリア(7箇所)」、「施設型夜景遺産エリア(7箇所)」の3つのカテゴリーに分けるほか、実際の景色が一枚の作品のように見える借景手法も取り入れた。
コニカミノルタプラネタリウム“満天”「輝く星の夜を」
■お客様:コニカミノルタホールディングス(株)  (2008年9月13日〜11月24日)
プラネタリウム番組・秋の新番組として、世界各国のきらめく夜景と星空の共演で贈る「 輝く星の夜を ?スターナイト・クルーズ? featuring MONKEY MAJIK 」。星空と夜景を巡る旅をテーマに番組全般を監修。光の摩天楼ニューヨーク・マンハッタンから始まり、世界の夜景と星空を巡る約40分。夜景と星空の競演という、普段は見ることのできないコラボレーションを実現した。音楽は、自然と都会がミックスされたスタイリッシュなサウンドで今話題のMONKEY MAJIK。プラネタリウム入口フロアでは、「世界ノ夜景ミニギャラリー」を展開。サンシャイン30周年記念展望台イベントとのコラボレーションも行った。
世界の夜景ミニギャラリー
■お客様:コニカミノルタホールディングス(株)  (2008年9月13日〜11月24日)
弊社プロデュースのコニカミノルタプラネタリウム“満天”の秋番組に合わせ、夜景フォトグラファー・丸田あつしによるミニギャラリーを展開。写真数点の小さな展開であったが、非日常の世界観に多くの方々の共感を得た。協力:夜景検定
横浜日経懇話会セミナー&夜景ツアー
■お客様:日本経済新聞社  (2008年9月)
横浜日経懇話会の参画企業対象の夜景講演会&夜景ツアーを開催。丸々もとおによる夜景の魅力解説のほか、工場夜景ジャングルクルーズを実施。講演後のツアーは知識を身につけた後の実体験となり、共感度の高いプラン。
夜景検定記者会見&夜景ツアー
■お客様:産経新聞社/日本夜景遺産事務局  (2008年8月15日)
夜景検定応募スタートに合わせ、東京タワー会場にて記者会見を開催。会見後には大展望で夜景ツアーを開催。東京タワーからの眺望をレクチャーした。
横浜夜景ミュージアム2008
■お客様:(株)三菱地所ビルマネジメント  (2007年12月27日〜2008年3月31日)
1回目が大好評につき、更にパワーアップして2回目を開催。展望台を4スペースに分けてアトラクションを用意。 1つ目が「横浜幻夜景ゾーン」。清掃用ゴンドラにカメラを設置して夜景を撮影。見たことがないランドマークタワー直下の夜景を堪能できる。2つ目は「月と横浜夜景ゾーン」。月と横浜夜景をテーマに魅力を展示。3つ目は「見立て夜景ゾーン」。見立て鑑賞法を紹介。世界の夜景に見立てた横浜夜景が見れる。4つ目は「エキセントリック夜景ゾーン」。埠頭や工場など非日常的な夜景を揃えた。 天空の星や住宅街の煌めきに包まれるテーブル席も用意。 さらに幻想的な夜景カフェ&バーの登場、夜景川柳コンテストの実施など盛りだくさん。集客は昨年度120%と更新。
クリスマスイベント「ETERNAL LOVE CHRISTMAS」
■お客様:(株)三菱地所ビルマネジメント  (2007年11月8日〜12月25日)
横浜ランドマークタワー展望台「スカイガーデン」にて実施された大型夜景イベント。クリスマスの起源とされる言い伝えを4つのゾーンに分けて、ひと巡りするとクリスマスの意味を理解できるように展開。青や緑などに色分けした空間に、夜景の光をツリーの装飾に見立ててオブジェを贈り物に変身するなどあっと驚くユニークな仕掛けを満載。集客数は前年度と比べて大幅にアップし、24日(クリスマスイブ)では、ランドマーク開業以来の1日1万人の来場数を記録した。
プレミアム夜景ライブ(東京/横浜/名古屋/大阪/神戸)
■お客様:ワーナー・ミュージック・ジャパン  (2007年7月〜10月)
ワーナー・ミュージック・ジャパン所属のアーティスト「戸田康平」とのコラボレーションイベント。東京タワー、横浜ランドマークタワー、ミッドランドスクエア、WTCコスモタワーの展望施設や教会で夜景ライブを開催。神戸、横浜、名古屋、大阪では丸々もとおとのトークイベントも実施。生の夜景とを眺めながら多くの観客ぐが酔いしれた。
横浜夜景ミュージアム2007
■お客様:(株)三菱地所ビルマネジメント  (2006年12月〜2007年3月31日)
横浜港開港150周年を迎える2009年に向けて、横浜の夜を活性化させる「横浜ブリリアントウエイ〜煌(きらめ)く夜景プロジェクト」の一環として開催。世界初となる夜景をテーマにしたミュージアムです。丸々もとおが館長に就任し、「横浜の夜景と歴史」「現在の横浜夜景のすべて」など横浜夜景の魅力を豊富な写真やし掛けとともに解説。同イベントの開催によって、展望台への入場者数は前年同月を大幅に上回る盛況ぶり。他の展望台にも適応できる屈指のリノベーション事例として注目を浴びた。集客は前年比120%と躍進した。
サンシャイン60夜景キャンペーン「幸せになる夜景ガイドツアー」
■お客様:サンシャイン60  (2006年9月〜11月(全9日間))
2006年9月〜11月までの三連休(全9日間)にて、サンシャイン60展望台おいて夜景イベント「丸々もとおプロデュース、幸せになる夜景ガイドツアーを開催。夜景鑑賞にカラーセラピーや風水などの要素を組み合わせ、運気アップが期待できる夜景、五感を磨く夜景など、ちょっと変わった夜景の鑑賞法を提案。ガイド終了後には、カクテルを飲みながら丸々と楽しむトークイベントを開催。日本バーテンダー協会とタイアップし、イベント限定カクテル販売も実施。
ホテルニューオータニ東京・夜景イベント「TOKYO YAKEI ROOMS EXHIBITION」
■お客様:ホテルニューオータニ東京  (2004年、2005年、2006年のGW)
GW期間中、ホテルの1フロアを貸し切り、各部屋での夜景の魅力を調度品、音、香りなど夜景と五感をテーマにプロデュース。2004年のテーマは「視・聴・臭覚で味わう夜景」として、2005年は「見立て」という日本古来の手法をコンセプトに取り入れ、部屋から見える夜景を世界各国の夜景に見立てる仕掛けを施した。2006年は「知る、学ぶ、体験する夜警」として、丸々もとおが提唱する「夜景学」を楽しく学びながら体験。従来のホテルにはなかった画期的なイベントとして注目を浴びた。
丸々もとお夜景キャンペーン
■お客様:六本木ヒルズ大展望台「東京シティビュー」  (2005年9月17日〜10月10日)
2005年9月17日〜10月10日まで、六本木ヒルズ最上階の大展望台「東京シティビュー」において夜景イベント「丸々もとお夜景キャンペーン」を開催。関東を一望できる美しい夜景鑑賞はもちろんのこと、「夜景の色がもたらす心身へのヒーリング効果」など新しい夜景の楽しみ方を提示したり、本人自らによる夜景解説ツアーを開催。オリジナル夜景グッズも販売した。
| 会社案内 | サイトのご利用について | サイトマップ |