HOME >  WORKS: プロデュース > 観光施設
プロデュース
└ 観光施設
プロデュースする観光施設は多岐に渡ります。定番の展望台に始まり、公共交通機関、クルーザー、大型テーマパーク、温泉街や寺院まで。夜景の特徴を最大限に引き出すプロデュースプランをご提案。夜間集客および売り上げの向上を図ります。
観光施設の事例ご紹介
丸々もとおが総合監修。ロワジールホテル函館・客室リニューアル
■お客様:ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社  (2013年7月)
全国で宿泊施設を展開するソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:氏家 顕太郎)が運営をするロワジールホテル函館(北海道函館市、支配人:岡村匡)において、7月11日、13階のフロアがリニューアルオープン。
長崎稲佐山・光のトンネル新プログラム
■お客様:長崎市  (2013年3月)
丸々もとおプロデュース。稲佐山ロープウェイ「稲佐岳駅舎〜山頂駐車場」を結ぶ通路に7000個のLED特殊照明器具を設置し、プロムナード全体を光のシアターとして演出。通常時は夜空に流れ星や天の川が現れ、国民記念日や長崎のイベント時には季節やイベントに合わせた特別なプログラムを企画・提案を行いました。そのほか、花火やレインボーロード、さらには龍が頭上を通過する演出など、年30パターン以上のプログラムで、来場者が稲佐山山頂からの夜景に出合うまでの空間をサポートしています。新プログラムとして、2013年3月に世界三大夜景バージョンを追加。
「奥日光湯元温泉雪まつり2013」第二弾「雪明里」
■お客様:日光冬祭実行委員会・奥日光湯元温泉雪まつり実行委員会・観光庁・日光自然環境事務所・日光市・日光市総合支所観光課・日光地区観光協会連合会・(社)日光観光協会・日光商工会議所  (2013年2月3日〜2月末)
毎年、小さな無数のかまくらに明かりが灯るまつりとして人気を博していますが、今回は、園内に灯された雪のあかりたちが、時間ごとに色彩や点灯パターンが変化する幻想的な世界へとグレードアップ。さらに、闇雪夜の中、幻想的に「雪蛍(ゆきぼたる)」が舞い踊ります。壮大な「雪の絵本」の中に迷い込んだような光景は、まさに雪のマジック。“雪灯里イリュージョン”の世界です。
奥日光湯元温泉雪まつり2013「スノーファンタジア」
■お客様:日光冬祭実行委員会・奥日光湯元温泉雪まつり実行委員会・観光庁・日光自然環境事務所・日光市・日光市総合支所観光課・日光地区観光協会連合会・(社)日光観光協会・日光商工会議所  (2013年1月28日〜2月末)
栃木県・奥日光湯元温泉雪まつり。1月28日(土)からは、「全日本氷彫刻奥日光大会」、2月3日(金)から「雪灯里」が開催されます。本年も夜景評論家・丸々もとおのプロデュースにより、エンタテインメント溢れる雪まつりに生まれ変わりました。
福岡タワー・クリスマスイルミネーションイベント〜 『福岡ラブストーリー』
■お客様:福岡タワー(株)  (2012年11月23日〜12月25日)
夜景評論家丸々もとおプロデュース 。福岡タワー株式会社(福岡市早良区)は、11月23日(木)〜12月25日(火)の期間中、クリスマスイルミネーションイベント『福岡ラブストーリー』(恋人・夫婦・家族の「愛」と「絆」と、福岡タワーからの夜景&イルミネーションで創出する物語)を開催。
 本企画は、人々の最も愛が深まるクリスマス時期をメインに、福岡タワー前広場と展望台スペースを対象に、ユニークでビジュアライズされた仕掛けにより、カップルだけでなく、家族や夫婦等、あらゆる人々の絆を高める演出を施したものです。
大阪府咲洲庁舎展望台「 100(ワンハンドレッド)ツリーズ・クリスマス」
■お客様:アクティオ株式会社  (2012年11月17日〜12月25日)
夜景評論家丸々もとおプロデュース。大阪府咲洲庁舎展望台(運営:アクティオ株式会社)では、2012年11月17日(土)〜12月25日(火)まで、「100(ワンハンドレッド)ツリーズ・クリスマス」を開催。
東京ドイツ村・ウインターイルミネーション「みんな笑顔」
■お客様:東京ドイツ村(明和興産株式会社)  (2012年11月〜2013年3月31日)
目に鮮やかに映る光の魅力だけでなく、“心の中まで明るく照らし出す”をイルミネーションの本質と考え、2006年よりスタート。毎年来場者を増やし、五回目を迎えた昨年には43万人の来場者が訪れた。本年は、「希望の笑顔」をテーマに東日本大震災復興チャリティとして実施。マルクトプラッツ周辺の広場や広大な敷地に展開するイルミネーションを巡れば、未来への希望を抱けること間違いなし。首都圏ナンバーワンの実力にはさすが!の一言。見逃せません。
監修:丸々もとお(夜景評論家/夜景プロデューサー)
ヤマハリゾートつま恋「サウンドイルミネーション」
■お客様:ヤマハリゾートつま恋  (2012年11月〜2013年2月)
初回となる本年度は、「つま恋サウンドイルミネーション2012〜奏でる音と光のハーモニー」。55万坪を誇る広大な敷地の中、メイン会場に至る南ゲートの導線からイルミネーションを点灯し、「ホテルノースウイング前」エリアをメイン会場に設定。「ヤマハ」の経営理念(感動を・ともに・創る)やその歴史性をバックグランドに、3つのING「光(LIGHTING)×音(SINGING)×癒(HEALING)」のハーモニーで来場者の五感を刺激し、壮大なスケールで記憶に残る斬新な劇場空間を創出します。総合プロデュースには、夜景評論家・夜景プロデューサーである丸々もとお。3カ年後には冬のイベントとして全国有数のイルミネーションを目指します。

〜感動を・ともに・創る3つのING〜
光(LIGHTING)×音(SINGING)×癒し(HEALING)がハーモニー
ぐんまフラワーパーク・ウインターイルミネーション「妖精たちの楽園」
■お客様:ぐんまフラワーリゾート  (2012年11月3日〜12月30日)
群馬県前橋市の「ぐんまフラワーパーク」ではウインターイルミネーション「妖精たちの楽園」を開催。アドバイザーに丸々もとお。
稲佐山山頂「光のトンネル」プロデュース
■お客様:長崎市  (2012年10月)
丸々もとおプロデュース。稲佐山ロープウェイ「稲佐岳駅舎〜山頂駐車場」を結ぶ通路に7000個のLED特殊照明器具を設置し、プロムナード全体を光のシアターとして演出。通常時は夜空に流れ星や天の川が現れ、国民記念日や長崎のイベント時には季節やイベントに合わせた特別なプログラムを企画・提案を行いました。そのほか、花火やレインボーロード、さらには龍が頭上を通過する演出など、年30パターン以上のプログラムで、来場者が稲佐山山頂からの夜景に出合うまでの空間をサポートしています。
三菱重工長崎造船所ライトアップ
■お客様:三菱重工業株式会社/カラーキネティクス・ジャパン株式会社/長崎市  (2012年10月)
丸々もとおプロデュース。『夜景サミット2012 in長崎』の開催にともない、カラーキネティクス・ジャパン株式会社様ご協力のもと、期間限定で『三菱重工 長崎造船所』のライトアップを実施しました。造船ドッグのライトアップは本邦初。コンセプトを「平和・安全・安心への願い」として、長崎市の花である紫陽花の美しさをイメージ。夜の長崎港に象徴的なランドマークを印象づけた。
大阪府咲洲庁舎展望台プロデュース業務
■お客様:アクティオ株式会社  (2012年4月〜)
大阪府咲洲庁舎展望台(元コスモタワー展望台)の集客コンサルティング業務。現状課題の整理から年間プロモーション計画までの全般を通年コンサルティングする一方、夜景イベントをプロデュース。展望台のリブランディングとして、その眺望の魅力を「100カラット展望台」に設定。イメージポスター制作(撮影・コピー全て)から、弊社保有のコンテンツによる「世界夜景写真展」の開催、公式HPのリニューアル、クリスマスイベント等の施策を展開。クリスマスイベント初日には、年間集客(単日)のピークである大晦日・元日に迫る来場者数を記録している。
「奥日光湯元温泉雪まつり2012」の第二弾「雪明里」
■お客様:日光冬祭実行委員会・奥日光湯元温泉雪まつり実行委員会・観光庁・日光自然環境事務所・日光市・日光市総合支所観光課・日光地区観光協会連合会・(社)日光観光協会・日光商工会議所  (2012年2月3日〜2月末)
2011年に新規認定された日本夜景遺産、栃木県・奥日光湯元温泉雪まつり。1月28日(土)からは、「全日本氷彫刻奥日光大会」、2月3日(金)から「雪灯里」が開催されます。本年は夜景評論家・丸々もとおのプロデュースにより、エンタテインメント溢れる雪まつりに生まれ変わりました!
奥日光湯元温泉雪まつり2012
■お客様:日光冬祭実行委員会・奥日光湯元温泉雪まつり実行委員会・観光庁・日光自然環境事務所・日光市・日光市総合支所観光課・日光地区観光協会連合会・(社)日光観光協会・日光商工会議所  (2012年1月28日〜2月末)
2011年に新規認定された日本夜景遺産、栃木県・奥日光湯元温泉雪まつり。1月28日(土)からは、「全日本氷彫刻奥日光大会」、2月3日(金)から「雪灯里」が開催されます。本年は夜景評論家・丸々もとおのプロデュースにより、エンタテインメント溢れる雪まつりに生まれ変わります!
新機能の投光器を開発。長崎「一覧橋」新ライトアップ
■お客様:長崎市  (2012年1月20日)
1月20日 長崎市は市内中心部を流れる中島川に架かる「眼鏡橋」等の6つの橋のライトアップを開始した。今回は省電力LEDへの交換が主体だったが、そのうち「一覧橋」は丸々もとおがプロデュース。約9ヶ月に及ぶ開発により、通常の投光器を使用しながらも波紋や波形を生み出す装置を開発。様々な色彩はもちろん、独創的な光模様が完成した。

「一覧橋」は当時の唐の通商であった高一覧によって架けられたもので、唐から日本へ航行する船の中で夢の中に龍が出現。そのお告げを守り橋を架けたと言われている。この事が功を奏して、日本と唐の交流はより活発化していったという。
今回、丸々もとおによって生まれた光模様は、龍のウロコのようにも見えるように工夫。水の波紋だけでなく、一覧橋に龍が舞い降りたように見えるよう仕上げた。

この「一覧橋」は1月20日に点灯。23日からの長崎ランタンフェスティバル期間にには「ランタンカラー」で来場者を迎える。ランタンフェスティバル後も、5月4日のみどりの日はグリーン系。10月の長崎くんち期間はレインボーカラー等、年間を等して様々な表情を浮かび上がらせる予定。点灯時間は、時間は日没〜午後10時。
JTB中国四国「みつけて周南工場夜景クルーズ」
■お客様:JTB中国四国/大津島巡航  (2011年11月〜)
夜景評論家丸々もとおプロデュース 「みつけて周南工場夜景クルーズ」運行開始!瀬戸内の黄昏、海上から望む回天訓練基地 そして…圧倒的なスケール感で迫る周南工場群をご堪能ください。
東京ドイツ村・ウインターイルミネーション「希望の笑顔」
■お客様:東京ドイツ村(明和興産株式会社)  (2011年11月12日〜2012年3月4日)
目に鮮やかに映る光の魅力だけでなく、“心の中まで明るく照らし出す”をイルミネーションの本質と考え、2006年よりスタート。毎年来場者を増やし、五回目を迎えた昨年には43万人の来場者が訪れた。本年は、「希望の笑顔」をテーマに東日本大震災復興チャリティとして実施。マルクトプラッツ周辺の広場や広大な敷地に展開するイルミネーションを巡れば、未来への希望を抱けること間違いなし。首都圏ナンバーワンの実力にはさすが!の一言。見逃せません。

期間:2011年11月12日〜2012年3月4日
監修:丸々もとお(夜景評論家/夜景プロデューサー)

※本年は「日本夜景遺産」に認定されました。おめでとうございます。
ドラマチック工場夜景バスツアー
■お客様:防長交通株式会社  (2011年10月〜)
工場夜景ツアーに力を入れる山口県周南市。この度、「周南コンビナート夜景ツアー」の第二弾商品を発表。そのひとつ、「ドラマチック工場夜景バスツアー」。
ヨコハマ☆トレジャークルーズ
■お客様:(株)ケーエムシーコーポレーション  (2011年10月〜)
夜景評論家丸々もとおプロデュース新企画。横浜夜景を眺めながら、「海上宝さがしクルーズ」誕生!その名も「ヨコハマ☆トレジャークルーズ」。
工場夜景プレミアム宿泊プラン
■お客様:ホテルサンルート徳山  (2011年7月〜)
日本初。ホテルの客室から工場夜景を存分に堪能する宿泊プラン。周南市湾岸部のゴージャスな工場夜景が楽しめる客室を厳選し、さらに工場夜景の楽しみ方の解説シートやオリジナルの夜景グッズもプレゼント!監修は夜景評論家の丸々もとお。
工場夜景ハンティングクルーズ
■お客様:シーホース(周南市)  (2011年7月〜)
中国地方初の工場夜景クルージングが周南に登場。その名も「工場夜景ハンティングクルーズ」。監修は工場夜景ツアーブームの仕掛け人・夜景評論家の丸々もとお。同氏によるコース設計はもちろん、巡る楽しさが倍増する工場夜景ナビゲーターが御案内します。
東京ドイツ村・ウインターイルミネーション
■お客様:明和興産株式会社 東京ドイツ村事業部  (2010/11/13〜2011/2/13)
丸々もとおが3年前よりスーパーバイザーを務める「東京ドイツ村ウインターイルミネーション」(千葉県袖ヶ浦市)。東京・神奈川・千葉のイルミネーションランキングで二年連続NO.1を獲得。
札幌テレビ塔・リニューアル夜景演出
■お客様:北海道観光事業株式会社(さっぽろテレビ塔)  (2010年11月〜)
さっぽろテレビ塔リニューアルに合わせ、夜景評論家丸々もとおプロデュース夜景演出「運命の出逢い」を展開
『1130 LOVERS PROJECT〜光と闇のオリエンテーリング〜』
■お客様:軽井沢倶楽部 ホテル軽井沢1130  (2010年11月22日〜通年開催)
軽井沢倶楽部 ホテル軽井沢1130は、11月22日(月)・いい夫婦の日より、毎月22日に夫婦・カップル向けの特別イベント・夜景評論家丸々もとおプロデュース『1130 LOVERS PROJRCT〜光と闇のオリエンテーリング』を通年開催。
横浜マリンタワー・日本初メッセージイルミネーション『Message of illumination』
■お客様:リスト、ゼットン、横浜市ほか  (2009年11月〜12月)
丸々もとおプロデュースによる、日本初の「メッセージ型イルミネーション」が横浜マリンタワーに登場。展望台を舞台に、「思わず愛を告白したくなるような夜景演出」をテーマに構成。日本初となる、ユニークでビジュアライズされた仕掛けにより、カップルだけでなく、家族や夫婦等、あらゆる人々の絆を高めています。冬の夜、アナタに魔法がかかります!
東京タワー展望台・クリスマス演出
■お客様:日本電波塔株式会社  (2010年11月3日〜12月25日)
東京タワー展望台においてクリスマス演出。レインボーブリッジ側の窓に、夜景がハートに見える特別な仕掛けを設置。
工場夜景アドベンチャークルーズ
■お客様:(株)ケーエムシーコーポレーション  (2009年8月25日)
一年半が経過した現在でも三ヶ月先の予約が取れない「工場夜景ジャングルクルーズ」。大好評にお応えし、新航路による第二弾「工場夜景アドベンチャークルーズ」を発表!
第二弾となる今回も、丸々もとお(夜景評論家)、阿部トモ(夜景プロデューサー)のプロデュース。横浜港(ピア赤レンガ)を出航し、根岸湾を中心とした京浜工業地帯を堪能するクルージングプランです。
 根岸湾の工場地帯はもちろん、本牧周辺の埠頭夜景までを存分にお楽しみいただけます。約100分、非日常的でエキセントリックな世界へと乗船者を誘います。
 本企画の魅力は希有な景観だけではありません。まるでエンタテインメント施設のアトラクションクルーズのように、船長や乗務員の演出性の高いガイドにより、乗船者をドキドキとした興奮の世界へと導きます。
星降る★カフェシップ
■お客様:運営:ケーエムシーコーポレーション  (2008年11月〜)
「星の降る★カフェシップ」は、クルーザーの新しい夜間活用法を提案。クルーザーの内外を美しく光らせるほか、圧巻は船内の窓から見る夜景が星のように輝き、動くと実際に星が流れているようにシカケを施したこと。停泊ポイントは、ランドマークタワー、コスモワールドの観覧車、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルなど横浜の夜景名所を巡る。名実とも新しい夜景鑑賞のスタイルを提示する。
世界の夜景案内板
■お客様:サンシャイン60展望台/サンシャインシティ  (2008年11月〜)
展望台の各所に「世界の夜景案内板」を設置。実際に見えない夜景であるものの、「その方向にこのような世界の夜景が存在している…」という、夜景鑑賞特有のイマジネーションを活用した仕掛け。監修:丸々もとお、写真:丸田あつし
工場夜景ジャングルクルーズ
■お客様:(株)ケーエムシーコーポレーション  (2008年6月2日〜毎週土日運行中)
日本初の定期的工場夜景鑑賞ツアーを企画。横浜港から京浜運河を巡る約90分のコースで、運河沿いの東燃化学、昭和電工等の工場夜景を、当方制作の台本をもとに乗船スタッフがガイドしている(乗船スタッフは夜景ナビゲーター有資格者)。一ヶ月先の予約が取れない状況は1年を経過しても続いており、数多くのマスコミメディアでも取り上げられた。宣伝対価は2億5000万円を越える。大好評につき、第二弾商品を計画中で、2009年7月に発表予定。
ハウステンボス「光の街」コース監修
■お客様:ハウステンボス  (2005年11月)
長崎県にある「ハウステンボス」の夜景観光モデルコースを紹介したパンフレット「光の街の楽しみ方」を制作・監修。極上の夜景が楽しめる鑑賞スポットやレストランを紹介。記者会見を行いマスコミへの露出も多く、同施設へ訪れる観光客の夜間滞在時間の増加に貢献した。
有馬温泉「温泉寺ライトアップ」
■お客様:有馬温泉観光協会  (2005年10月29日〜)
有馬温泉プロジェクトの第2弾として「温泉寺ライトアップ」を実施。有馬温泉に恩恵を与えてくれた薬師如来が奉られたと言い伝えられる有馬温泉寺と温泉神社へ至る桜御影石の階段を「光の川」と見立ててライトアップ。階段を上がると「ライトアップされた温泉寺」や「薬師如来像の影絵」が観光客を温かく迎えてくれる。宿泊客が減少傾向にあった同地域の活性化に貢献。
六甲ケーブル&モンターニャ
■お客様:六甲摩耶電気鉄道  (2005年8月5日〜11月末)
六甲摩耶電気鉄道が運営する「六甲ケーブル」の夜景観光プランをプロデュース。心地よいサウンドと光のゲートで鮮やかに彩られた「サウンド&ライト ケーブルカー 」、「パノラマワイド版 夜景ポストカード」をプレゼントするなど盛りだくさんの内容。特に、1000万ドルの神戸の美しい夜景を眺めながらスペシャル夜景カクテルを飲める夜景バー「モンターニャ」は観光客に大好評。
有馬温泉「有馬涼風川座敷」
■お客様:有馬温泉観光協会  (2005年7月〜8月)
日本夜景遺産プロジェクトがきっかけとなって、2005年8月に有馬温泉協会と丸々もとおの共同企画によって、有馬川親水公園の河川敷をライトアップする夜景イベント「有馬涼風川座敷」を実施。特殊な水中LEDライトを使用して河川敷をライトアップ。「涼風」の名の通り、涼しげなイメージと温泉地らしさを演出。
青、黄、紫、赤といった様々な色が絡み合う「ゆらぎ」効果が訪れる観光客に癒しを与えた。
神戸Love Night Ropeway
■お客様:神戸市整備都市公社  (2004年12月〜)
日本夜景遺産プロジェクトがきっかけとなって、「世界に誇る神戸の夜景を観光資源として活性化する」をテーマに、神戸市都市整備公社と丸々もとおが賛同して始まった「神戸夜景観光活性化プロジェクト」の第一弾。光と香りと音楽とカクテルで、ゴンドラを動く夜景バーに大リニューアル。カップルはもちろん、家族にも「今までにない夜景の楽しみが味わえる」と好評を博した。2004年のクリスマス特別運行を経て、2005年3月から本運行(週末のみ)を開始し、現在に至る。
東京湾シンフォニークルーズ「PERFECT YAKEI CRUISE」
■お客様:シーライン東京  (2004年)
シーライン東京が運営するクルージングレストラン船「シンフォニー」の夜景クルージングの楽しみ方「TOKYO PERFECT-YAKEI CRUISE」をプロデュース。同社のホームページには夜景の種類、夜景の色彩、シチュエーションごとのクルージングの楽しみ方を掲載。夜間クルージング集客力の向上に貢献している。
横浜クロスゲートWEB
■お客様:オリックス/野村不動産  (2005年〜)
オリックス/野村不動産が所有する横浜・桜木町駅前のクロスゲートシティ。そのフロアに位置するレストランを対象に、夜景に特化したプロモーション用のWEBページ「横浜夜景ストーリーズ」制作を監修。各レストランから見える夜景が、「どのようなターゲットにマッチするか」「どのような物語を紡げるか」等、独自の視点で展開するなど、「新しい夜景レストラン選び」を提案。周辺競合施設との差別化を行った。
| 会社案内 | サイトのご利用について | サイトマップ |