HOME >  WORKS: 夜景検定、啓蒙活動 > 夜景ナビゲーター養成講座
夜景検定、啓蒙活動
└ 夜景ナビゲーター養成講座
日本夜景遺産事務局が実施する「夜景ナビゲーター養成講座」。主に観光事業者向けに、夜景の知識を習得し、その魅力を伝えることができる人材を養成することが目的です。旅行代理店や展望施設などで働く人が、実際に受講し、実務にいかしています。

夜景ナビゲーター養成講座の事例ご紹介
川崎市産業観光・夜景ガイド養成講座(2012年度)
■お客様:川崎市/川崎市観光協会連合会/他  (2012年11月)
川崎市産業観光検定の合格者に対し、産業観光資源のひとつである臨海部の工場夜景ガイドの養成講座を行った。今回で4回目の養成。
室蘭夜景講演会・夜景ナビゲーター養成講座
■お客様:室蘭市/室蘭観光協会  (2012年10月)
室蘭市文化センターにおいて、丸々もとおによる『夜景ナビゲーター』養成講座を実施しました。白鳥大橋のライトアップや測量山からのパノラマ夜景、工場夜景ナイトクルーズなど豊富な夜景鑑賞地や観光資源で知られる室蘭市。観光ツアーガイドを希望する市民を対象に、夜景の知識を習得する座学や、バスツアーで実際にコースを巡る実地研修を行いました。室蘭市では2012年11月3日、「第3回工場夜景サミット inむろらん」を開催。サミットで同時開催された室蘭工場夜景ツアーでは、修了生が全国の事業者に対してガイドをつとめました。その後もバスツアーやクルーズ等をはじめ、室蘭夜景のプロモーション活動としても活躍しています。
長崎夜景ナビゲーター養成講座(長崎市)
■お客様:長崎市/長崎観光コンベンションビューロー  (2011年6月)
長崎市では、夜景観光活性化プロジェクトの一貫として、2011年8月より「長崎夜景観光バス」の運行を開始。それに合わせ、夜景案内人である「夜景ナビゲーター」の養成を実施。講師は、同夜景アドバイザーを務める夜景評論家の丸々もとお。
夜景ナビゲーター養成講座
■お客様:日本夜景遺産事務局  (2006/10月)
夜景ナビゲーター養成講座は、観光資源としての夜景についての基本的な知識を習得し、その魅力を的確に伝えることができる人材の養成を目的としています。
| 会社案内 | サイトのご利用について | サイトマップ |